2006年03月17日

礼状の書き方礼状の書き方心得贈り物のお礼はすぐに礼状を書く(礼状の書き方心得)

贈り物のお礼はすぐに礼状を書く(礼状の書き方心得)

相手から、何か贈り物を贈られることってありますよね。
例えば結婚、他には赤ちゃんが生まれたとき、出産お祝いですね。
他にも何かを相手からもらって、そのお礼状を書くときってあると思うのですが
何か贈り物をもらったときは「すぐにお礼状を書く
これがマナーであると私は思います。

自分が何かをあげたときのことを想像してみてくださいね。
相手から何も連絡がこなかったりしたら、
本当に自分の出した贈り物が届いたのだろうか?
と不安になるでしょう。

そして、期間がたってからお礼状とか来てしまったら
私のことなんて、あまり人間関係を大切にしていないのでは?
と思ってしまうこともあると思います。

もちろん、贈り物をしたから、お礼状はこちらが必ず欲しいなんていう
差し出がましいことはいけませんし
相手にお礼を言わせようという意味では
贈り物の意味がなくなりますので、そのような考えはいけないと思います。

ただ、贈られた人からは、確かに贈り物を頂きました、
という意味で、やはりお礼状は送ったほうがよいでしょうから
これからも、大切な人付き合いをするためにも
何か贈り物をもらったら、すぐにお礼状を書く
これが大切だと思います。

posted by まこ at 16:31 | Comment(0) | 礼状の書き方心得
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。