2006年03月17日

礼状の書き方礼状書き方例文・文例中元・歳暮のお礼状書き方例文

中元・歳暮のお礼状書き方例文

お中元やお歳暮のお礼状書き方の例文が掲載されていた
サイトがあったのでご紹介しようと思います。


中元・歳暮のお礼状
拝啓 盛夏の候(年末余日少なき折から)、皆々様には(あわただしくも)お健やかな日々をお過ごしのこと、お喜び申し上げます。私どももおかげさまで変わりなく元気で過ごしておりますので、なにとぞご休心ください。
さて、このたびは、まことに結構なお中元(お歳暮)の品をお送りくださいまして、厚く御礼申し上げます。いつに変わらぬお心くばり、恐縮に存じております。
暑さ厳しき折から(厳寒に向かいます折から)、くれぐれもご自愛くださいますようお祈り申し上げます。まずは取り急ぎお礼申し上げます。



お中元といえば、7月頃になりますが
ある程度大人の付き合いが始まると送ることになりますよね。

実際には7月初めより15日ごろまで、
関西以西では8月初旬から15日が御中元だそうですが、
7月ごろといえば、ちょうど熱くなってくるころですから
上記のお礼状のように、暑さ厳しいときに
相手の体を気遣う、そんな心温まるお礼状の例文ですよね。

参考URL
http://www.saradakan.jp/knowledge/thanks.html

posted by まこ at 17:59 | Comment(0) | 礼状書き方例文・文例
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。