2006年03月20日

礼状の書き方礼状書き方例文・文例面接の礼状の例文

面接の礼状の例文

私は面接をした後に礼状を書いたことはないのですが
面接後の礼状の例文が掲載されていましたので
ご紹介したいと思います。



拝啓

 貴社益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
この度はご多忙のところ、面接の機会を賜り、誠に有難うございました。○○部長様より貴社のご説明をいただき、新しい事をやっていこう、変わっていこうとする貴社の積極的な考えなど、非常に関心深いお話を伺うことが出来ましたことに感謝しております。

(簡潔な自分のセールスポイント)

…今後は一日も早く、御社の一員として活躍できるよう努力し、自分を高めていきたいという気持ちがますます強くなりました。取り急ぎ本日の面接の機会を頂きました御礼とさせて頂きます。
 末筆ながら、貴社ますますのご発展をお祈り申し上げます。



面接で礼状というのは私は初めて知ったのですが
面接していただいた方の企業の方は、時間をとってくださったわけですから
このような礼状を受け取れば、面接をしてくださった方も嬉しいでしょうし
礼儀をわきまえていると思ってくださるかもしれませんね。

社会人というのは特に礼儀については常に気にしなければいけないですから
このような礼状を自然にかけると、とても素敵なことなのでしょうね。

参考URL
http://miyagi-jobcafe-plus.jp/htm/support/manners/orei.htm

posted by まこ at 17:28 | Comment(1) | 礼状書き方例文・文例
この記事へのコメント
YAKKOさん、はじめまして。
礼状をはじめて書くと戸惑うことが多いですよね。
記事の方参考になってよかったです。
今後ともよろしくお願いいたします。
Posted by まこ at 2008年07月22日 09:07
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。